雑記

爆睡のための7つのコツ

以下の7つの中でできていないことをチェックしましょう。

定時起床をする

カフェインを制限

運動をする

マットレスを整える

枕を自分に合うものに

部屋の温度を整える

静かな寝室で寝る

うまく寝れなかった人もこれで改善するかも。

それぞれ簡単な解説

定時起床をする

体内時計が調整されて毎朝起きるのが楽になるよ。

週の真ん中は起きれるのに月曜日イマイチって人によく効きます。

起きる時間は下の記事を参考にしてね。

睡眠時間の調べ方 正しい睡眠時間や起きやすいタイミングを知りたい人は多いはず。 以下の3つの方法のどれかを使用して自分に合った時間を調べよう。 ...

カフェインを制限

カフェインは体から消えるのに最大12時間かかる。その間は睡眠が浅くなりやすいです。

仕事で夕方の一杯って飲んでる人は気をつけてください。

15時を最後のコーヒーの目処にしよう。

適度な運動をする

体に疲れが溜まると睡眠が深くなるよ。

学校の授業の水泳の後とかに眠かったのはその結果。

無理やり運動しなくても階段の上り下りや1駅分歩くだけでも十分な効果が見込めるよ。

マットレスを整える

睡眠環境が悪いと睡眠の質が劇的に悪化します。

僕も安物使ってた時は不眠症かなと悩んだものです…

寝具でまず意識揃えるべきはマットレス。オススメのリストは下の投稿から。

おすすめマットレスランキング。損しない選び方5選付き。 この記事を書く僕は朝活×睡眠改善で医者になれました。 というわけで今回は、マットレスの重要性やおすすめ商品...

枕は自分に合うものに

仰向けか横向きどっちが合うか知っておこう。

合わない向きで無理やり寝たら睡眠の質が下がってしまうから。

僕のオススメ枕はYOKONE3。

後日詳細の紹介しますね。

部屋の温度は適切に

暑くても寒くても良く眠りにくい。

汗をかいたり震えたりすると睡眠の質が下がってしまう。

目安は20度から23度の範囲内。

静かな寝室で寝る

うるさいと脳が完全に休むことができない。

電車や授業中の眠りが浅くなるのはこのため。

寝室の周りからは音の出るものを除外しよう。

まとめ

 

定時起床をする

カフェインを制限

運動をする

マットレスを整える

枕を自分に合うものに

部屋の温度を整える

静かな寝室で寝る

上記の7点を意識すると非常によく眠れる。

自分の必要な睡眠時間把握して行動しよう。

睡眠時間の調べ方 正しい睡眠時間や起きやすいタイミングを知りたい人は多いはず。 以下の3つの方法のどれかを使用して自分に合った時間を調べよう。 ...
こちらの記事もオススメ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA